カテゴリ:金箔象嵌( 2 )

更紗シリーズ

c0165589_10572293.jpg

mitシリーズの更紗モチーフは『和更紗』模様からデザインを考えました。
シルバーの透かしモチーフに純金箔を布目象嵌しています。

十数年前に金工技術の本を何となく読んでいたときに見た刀の鍔がヒントでした。

刀の鍔に金箔が布目象嵌されていました。
さりげないおしゃれだったんでしょうか?

その頃学んでいた先生に『キリタガネ』という道具の作り方だけ教えて頂き、後は試行錯誤の自習独学。

『面白い!』『やってみたい!』と思い込んだら始めずにはいられないMASUDAです。
[PR]
by kougei_masuda | 2013-02-07 10:54 | 金箔象嵌 | Comments(0)

塵も積もれば・・

c0165589_1011950.jpg

シック系のMASUDA作品でよく使う「布目象嵌」という技法(特に、「MIT」やコラボジュエリー「開」ではお馴染みの技法)では、アルミホイルくらいの厚みの純金箔を使用します。他に、薄物用のミシン糸くらいの太さの純金線を使ったりもします。それら「純金箔」「純金線」を布目状に刻みを入れた「銀の表面」に象嵌していくのですが、小さなキレッパシが残ります。写真がそれ。細かいデザイン部分の象嵌に役立つこともあるのですがケース内で眠っている事が殆ど。されど、立派な純金。塵も積もれば「山」となる事を密かな楽しみにしています。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-14 10:29 | 金箔象嵌 | Comments(0)