<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

新しい仲間

c0165589_7514783.jpg

久々に「Little Beeシリーズ」の仲間が登場。とはいえ、まだ、一個一個切り離して磨いたり、キラキラの天然石を爪留めしたり、仕上げの作業が残っておりますが。プチでキュートなネックレスです。小花に豆beeがとまっているデザインと四葉に豆beeのデザインの二種類。西洋では、幸運のシンボルとして身につけるアイテムのデザインにとり入れられてきたそうな。まぁ、そういった「いわれ」は別としてもキュートな豆beeを一人でも多くの方に可愛がっていただきたいものです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-31 08:04 | Little Bee | Comments(0)

何者じゃー?

c0165589_693828.jpg

写真の亀さんは、我が家の居間のテーブルの住人。こちらの気が向いたときだけ愛想をふりまいてくれるという可愛いヤツ。まぁ、置物ですから当たり前ですが、そう言ってしまうと面白くないので。ひと目で気に入って購入したこの亀さん(お値段も数百円というお手頃価格でしたが)撫でてやればやるほどツヤツヤテカテカしてきました。もしかして夜中に動き出してるんじゃないかしらん?そう思わせるような小物、お人形がたくさん住んでる我が家ですが、軒下の物陰に老いぼれ狸さんが一時仮住まいしていたこともありました。そして夕べは、縁の下で何やらガタガタゴトゴト。落ち着き場所を整えているような物音。懐中電灯で照らしてみてもなにぶん縁の下なので全く見ることが出来ず。朝には静かになっていたのでどういうことだったのかわからないままです。今晩もまた来るの?何者じゃー?名をなのれ!
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-24 06:38 | よもやまばなし | Comments(0)

巣立ち

c0165589_604781.jpg

数日留守をしていた私。日記もご無沙汰さんでした。出かけるときは、まだ、綿毛のような羽毛が残っていた赤ちゃんツバメもすでに巣立っていました。そして、夜には秋の虫の音。扇風機も所在なさげな感じです。まだ八月なんですけど・・また、暑さがもどってくる事もあるんでしょうか?それにしても、くちばしは黄色いくせに体は一人前、という巣立ち前のツバメの子の姿見たかったなぁ。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-23 06:16 | 里山の自然 | Comments(0)

残暑!

c0165589_8191929.jpg

すでにツクツクホーシが鳴き始めております。少し時期が早いような気がしますが、私の故郷京都五山の送り火も終わり、夏も終末を迎えようとしています。日中はそんなこと信じられない位の暑さですが、毎年ちゃんと「夏」が終わり「秋」はくるんですねぇ。でも、結構ちいさな変化は日々感じられるものです。縁側に入り込む日差しが多くなってきた、とか(夏は庇の先までしかとどかないのに、涼しくなるにつれ縁側のほうまでとどくようになります)さえずる鳥の種類の変化(ちなみに秋は「モズ」の鳴き声がきこえるようになると「あーー秋がきたなぁ」と思います)虫の音の変化もそうですし、木々や草花の様子もそうです。今年は二年ぶりに「海水浴」へ行きプカプカ浮いてきました。今頃は「クラゲ」が浮かんでいる時期でしょうか?写真の「タツノオトシゴ」は年中我が家の玄関に浮かんでます。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-17 08:50 | 作品 | Comments(0)

豆bee

c0165589_9433634.jpg

小指(ずんぐりしてますが小指です)の先にとまっているのは「Little Bee」シリーズの新商品のためにこしらえた豆beeです。ネックレストップの一部になります。いつもながら、おチビさんなのでヤスリでやすったりの工程では爪の先はおろか生身さえ磨り減る事しばしば。しかしながら出来上がってみると可愛くてしかたがない子です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-16 09:56 | Little Bee | Comments(0)

塵も積もれば・・

c0165589_1011950.jpg

シック系のMASUDA作品でよく使う「布目象嵌」という技法(特に、「MIT」やコラボジュエリー「開」ではお馴染みの技法)では、アルミホイルくらいの厚みの純金箔を使用します。他に、薄物用のミシン糸くらいの太さの純金線を使ったりもします。それら「純金箔」「純金線」を布目状に刻みを入れた「銀の表面」に象嵌していくのですが、小さなキレッパシが残ります。写真がそれ。細かいデザイン部分の象嵌に役立つこともあるのですがケース内で眠っている事が殆ど。されど、立派な純金。塵も積もれば「山」となる事を密かな楽しみにしています。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-14 10:29 | 金箔象嵌 | Comments(0)

つぎはぎお月様

c0165589_2050401.jpg

暗闇に浮かぶ不可思議な丸いもの、これは一体なんでしょう?答えは、私達夫婦が休む部屋の明かり。豆球だけになるとお月様のように部屋の中央にポカンと浮かんで見えます。この家に越して来たときに新調したもので、所々破けた箇所を謡本の和紙でつぎをあてています。ほんのりあたたかな色の明かりに包まれつつ一日を終える毎日です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-13 21:13 | 古民家風情 | Comments(2)

Little Bee シリーズ

c0165589_17323660.jpg

昨年秋に発表した「Little Beeシリーズ」。豆beeモチーフを、小さな銀の塊からそれぞれのアイテムの原型用に何匹も作りだしているうちに可愛くて仕方なくなったものです。写真で見たハナバチの仲間や、我が家の前庭にやって来る全長5ミリ程のハチをイメージしています。写真のリングは久々の新商品。小花の蜜を求めてやってきた、というところですか。店頭に登場するのは秋口になりそうです。西洋では「蜂」は「幸運を運んでくるシンボル」として、古くから身につけるアイテムのモチーフに用いられてきたそうです。きっと、お買い求めくださった皆様のもとへ小さなラッキーを運んでくれているだろうと願いつつ製作に励んでいる私です。
Little Bee取扱店=『ちいさな職人ひろば』さんHP、『Emma』さんHP、『楓杏』さんHPです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-11 18:06 | Little Bee | Comments(0)

猛暑のなかの子育て

c0165589_6435754.jpg

我が家の玄関先に今年二度目の巣作りをしたツバメ。一度目はどうやら卵を蛇に襲われたらしく突然いなくなっていました。今回は今のところ順調な様子です。それにしてもこの猛暑の最中、「エサを捕獲し雛に食べさせる」を繰り返す親ツバメ。ご苦労サンです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-11 07:16 | 里山の自然 | Comments(0)

琥珀の不思議

c0165589_621672.jpg

昨日の「MASUDAの間」で話題になった「松脂」が写真のような「琥珀」になるなんて・・・。蒔絵の下でキラキラ輝いたような感じになっているのも琥珀そのものの美しさ、自然の成せる技です。大ぶりのブローチに仕立ててあります。コラボレーションの仕事を始めて様々な琥珀を見る機会があります。写真の琥珀の様にキラキラしたグリッターのあるものでも、微妙に色が違ったり、コンデンスミルクのような乳白色のもの、べっ甲飴のようで透明なもの、まぁ、ひとつとして同じものがないのは当たり前ですが、それだけで美術品のようです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2008-08-08 06:45 | 作品 | Comments(0)