<   2009年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

デザイン考

c0165589_12134818.jpg

昨日、TVから録画した映画で見たメグ・ライアンがつけていたペンダントが気になっています。
シンプルなformeのペラッと薄いシルバーのペンダントでした。
シンプルながらも『おっ!?』と目をひくデザインって好きです。
でもオリジナルで白紙から考えるのってかなり難しい(私としては・・)
でも作りたい。
でも難しい。
そういう事態に陥ると、四六時中、頭の中三分の一でその事を考えています。
ときに、ココロ(?)ここにあらずとばかり、話していてもフッ、フッとその事が頭の中をよぎって行く。
運転中は気をつけないとね。
製図に使う道具を見つめ、しばし悶々としそうです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-28 12:30 | ジュエリーにまつわるお話 | Comments(0)

さて、さて、さて

c0165589_9201448.jpg

奥様へのクリスマスプレゼントでリングをこっそりオーダーされた旦那様。
まだまだお若いご夫婦ですが、プレゼントらしい事は御結婚以来はじめてとのこと。
そんなサプライズにMASUDAを選んでいただいて嬉しいかぎりです。
ご自身もアクセサリーなどの装飾品がお好きなようで、市販にないようなものを贈りたいから、という事でした。
イブに間に合わせるなら、デザインを煮詰めている時間もそんなにないのですが、現在イメージをまとめておられる最中です。
当初は『極シンプルなデザインで、結婚指輪と重ねづけ出来るようなものに毛彫り柄を少しいれて』というお話でしたが、その後ドンドンイメージがわいてきたようです。
写真はシンプルなリングの制作に使用するシルバーの地金です。
7mm幅、5mm幅、4mm幅。
これでは間に合わないような凝ったデザインを考えてこられるのか?楽しみです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-27 09:21 | 作品 | Comments(0)

クリスマスバージョン☆そのⅢ

c0165589_8505649.jpg

レースフラワー・ネックレスのクリスマス限定バージョン。
ピアス、ピンブローチの3アイテムがそろいました。
当初使用する石は淡水パールにしようかと考えていましたが、ものすごく無難に仕上がりそうそうだったので敢えて変更しました。
涼しげな水色なのでもしかしたら夏向きなのかも知れませんが、作者のイメージは『透き通った雪の結晶』。
犬は喜び庭駆け回り、の楽しげなホワイトクリスマス、という感じです。
12月には東京のホッピンフロッグさんでMASUDAがお世話になっている京都の『職人ひろば』ブースにて展示販売されています。
関東方面の方でチラッと興味をお持ちになられた方は是非、実物に会いに行ってやってくださいませ。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-26 09:16 | 作品 | Comments(0)

色・色々

c0165589_1045227.jpg

『あ、これキレイ』『これでいいもん出来そう』と、いつか使うつもりで購入したものの、未だに『待機中』でケースの中に眠っているの石たち。
こうやって並べてみるとやっぱりキレイだったり可愛かったりそれぞれに個性を感じます。
クリスマスシーズンに石を使った極シンプルなものを作る予定で頭の中ではデザインも出来上がりつつあります。
石を眺めていると『こんなのがいいかな』『いやこっちの方がいい』とイメージがいっぱい浮かんでくるので困りますが、つけていると気分がウキッと上向いてくれるような品に仕上げたいと思っています。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-25 10:51 | ジュエリーにまつわるお話 | Comments(0)

クリスマスバージョンそのⅡ

c0165589_15301260.jpg

レースフラワーのクリスマスバージョン☆ピアスです。
ピンブローチよりひと回り小さいモチーフになっています。
ディスプレイもクリスマスっぽくして御覧いただきましょう。
その昔子供が小さかった頃はクリスマスのプレゼントというとチクチク手縫いでぬいぐるみを作ったり毛糸で小物を編んだりしたものです。もちろんケーキも手作り。
今では、仕事の延長でアクセサリーや小物が定番となりつつあります。
ケーキを焼く役も子供になったり、時の流れを感じる季節でもあります。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-24 15:42 | 作品 | Comments(0)

猫好きさんにオススメ!

c0165589_1022798.jpg

猫とは無関係な写真、しかも掲載する写真がつきて適当に間に合わせたか?と思わすような季節外れなマーガレット。
いえいえ、正真正銘 現在咲いてくれているマーガレットです。
見事な紅葉を見せてくれた近所の大銀杏の葉も冬の色に褪せてきて、長期間咲きつづけてくれていた柚香菊(ユウガギク)もそろそろしぼみかけてきているのに、春先から初夏に咲くマーガレットが生き生きと開花しております。
『どーしたん、あんた達?』という感じです。寒そうなんですけど。
 それはさておき、ポツリ・ポツリと御覧いただいていた『シルエットcat』シリーズをお取り扱いいただくはこびとなったお店のご紹介です。
 rinkoさんとyuraさんが運営されているネットショップ『tortoiseshellter』(トーティーシェルター)さんです。猫をデザインにとりいれたポストカードや小物、アクセサリーなどなどニャンコ満載ショップです。
ちなみに、『トーティーシェルター』とは、rinkoさんyuraさんの造語だそうです。三毛猫のことをトーティーシェルともいうそうで、それと家とか隠れ家という意味のシェルターを合わせて『三毛猫の家』というような意味だそうです。(私は初め読むことさえ出来ませんでした)
すでにMASUDAの猫たちもアップされておりますのでチラリとこちらtortoiseshellterさんのホームページを御覧くださいませ。
rinkoさんのブログモフモフパラダイス~三毛猫ももの楽園も可愛い写真いっぱいで寝る前に飲みたいホットミルクのよなブログです。ここでもMASUDAの猫さんをご紹介いただいております。
 我が家のワンコもブログに登場する猫さんの肉球のポニョかげんには負けそうです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-23 12:39 | お知らせ | Comments(2)

最後?の紅葉

c0165589_2272285.jpg

午後は生憎の空模様となりましたが、今が時期の紅葉もボチボチ終わりかな?という感じです。
輝くばかりの色合いが褪せてきつつあります。
写真は我が家の中庭の楓、まだ鮮やかな赤い色です。
昨日TVで『落ち葉絵画作家』さんという方のお話を聞きました。
落ち葉を紙にはさんで数年乾燥させてから後使うのだそうです。
ものすごい量の落ち葉のストック棚がありました。
そのまま色褪せも少なく、落ち葉で出来ているとは思えないレトロ調な絵に仕上げられます。
 ただ、ブルーだけはどうしても落ち葉にない色なので苦労されているそうです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-22 22:26 | 里山の自然 | Comments(0)

レースフラワー・クリスマスバージョン


MASUDAのmitシリーズ新作で使っているレースフラワーモチーフをクリスマス限定バージョンで製作中。
これはピンブローチです。
軽いモチーフなのでニットのものでも垂れたりせずキレイに留まります。
石はカルセドニーという天然石。
半透明ですが透明感がある印象の石です。
クリスマスを意識して見ると雪の結晶に見えなくもない?かな。
c0165589_16565917.jpg

[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-21 16:27 | 作品 | Comments(0)

11月・なのに もうクリスマス☆だ 年賀状 だ

c0165589_13592945.jpg

寒々とした日が続いております。
チラチラーッとお日様が顔をだしてくれると『おっ、やっと晴れてきてくれるか!』と一瞬ウキウキッと気分上昇しかける私。でも、また薄ら寒い雲がひろがってくるという毎日。
一日だけでもパーーッと晴れてほしいなぁ。
そんなうつむき気味な私をジワジワ焦らすように世間は『Xマス!』『年賀状!』ムードが高まっております。
 いつもギリギリまで年賀葉書を購入しない私に、郵便局のお姉さんは毎年9月末頃になると「年賀状のご予約お願いします」と声をかけてくださいます。
 「もう年賀状かぁ」と言いつつそのままになり結局『インクジェット用まだあるかなぁ?』と心配しつつ買いに行くのが恒例でした。
 今年は『増田さんにはもう一押しが必要』と先を越され電話で予約を承ってしまわれました。
 まだ、受け取りに行ってませんが・・・。

 『猫さんモノ』の納品を終え、『クリスマスギフトに嬉しくなるようなものを作ろう!』と頭の中では出来ている作品に取り掛かろうとしているところです。
 朝から鼻歌うたってしまう様なお日様のニッコリ笑顔がほしいですーー!
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-20 14:27 | MASUDA近辺 | Comments(0)

久々にスッキリ!

映画『なくもんか』観てきました。
世間ではジーンと『泣きたい』方もいらっしゃるようで、『泣けます』というフレーズがキャッチコピーだったりしますが、私は『笑いたい』派です。
 単純に笑いたい。
 『笑うツボ』も十人十色ですが、無邪気に腹筋使って笑えたらなんか幸せな気分、チョット肩こりが軽くなった感じになります。
 主演 阿部サダヲ、脚本 宮藤官九朗、泣いて笑ってを文字通り絵にかいたような映画でした。
 主演の阿部さん前々からただ者ではないと思ってましたが、やっぱりただ者ではありませんでした。
 脚本の宮藤さんも。
 参りました。
 どんなんかなぁ?と気になる方はコチラのサイト『なくもんか』で予告編観られます。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2009-11-19 08:09 | よもやまばなし | Comments(0)