<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

いよいよ年の瀬

c0165589_1622650.jpg

仕事しつつ一年のホコリ汚れ落としの掃除をしつつで日々が過ぎていき、クリスマスも終りました。
娘たちには毎年オンリーワン☆アクセサリーを贈ることが多いのですが、今年は可愛い絵をデコパージュしたお手製プチバックもダブルで贈りました。仕事とは違う手仕事ですが気分転換にもなかなか楽しい作業でした。
c0165589_1631738.jpg

さてさて、明日は我が家で一番賑やかな行事『餅つき』の日です。毎年29日に親類縁者チビッコ若者総勢約30名が集い半日がかりで餅を蒸し!つき!丸めます。輪切りの丸太は椅子代わりに使用予定のもの。夫が新たに作ってくれました。切り口から新しい木の香りがしています。
昼過ぎからなんだか曇ってきて雨もパラパラ。。。明日のお天気が気になりますが夫の『晴れ男』という思い込みを信じて準備をすすめます。
その後は極平凡に静かな年末年始の数日をおくる予定のMASUDAです。
『MASUDAの間』へお寄りくださった皆様有難うございました。
どうぞ新年もMASUDAの仕事ぶり暮らしぶりをひやかしにお寄りくださいませ。
益々グングン前向いて頑張ってまいります!
乞うご期待!!
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-28 16:53 | よもやまばなし | Comments(0)

冬の食卓

c0165589_1025828.jpg

夫がせっせとお世話してくれている畑のお野菜、今年は大根、白菜が立派に育ってくれています。
寒い季節には『煮物』『鍋物』が嬉しいですねぇ。
大根も新鮮だと短時間でやわらかくなるし、カンタン調理で美味しい!
生だとパンチのきいた辛さの大根ですがそれでも私はOK!
でもやっぱりホカホカ湯気がたつ煮物がいいなぁ。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-21 10:11 | よもやまばなし | Comments(0)

冬至の柚子風呂

c0165589_153642.jpg

もうじき(22日)冬至です。
毎年柚子風呂に入り、何がしかの南瓜料理を食べます。
そういう節目の日を意識するとくたびれ勝ちな気持ちに気合いが入る感じです。
我が家の柚子は今年も豊作。
ゆーっくり柚子風呂に入って今年の自分の頑張りに『お疲れさん!』と言ってあげようかなぁ。
来年もガンバレよ!の気合いも込めて。
ところで柚子風呂は柚子をたくさん入れる方がいいように思い勝ちですが、あまりに刺激が強すぎてピリピリするのでお気をつけあそばせ、です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-19 15:49 | 里山の自然 | Comments(0)

☆☆☆

c0165589_1041624.jpg

数年前に獅子座流星群がキレイに見られたとき、我が家の庭先で100個までは勘定し、後はどうでもよくなってただただ見惚れていました。これまでの人生でも滅多にない感動だった事を今でも覚えています。
今朝見ていたテレビで、ふたご座流星群の話題の中で『流れ星に願い事』にまつわる話をされていました。
流れ星が消えるまでに願い事をすると叶う、といわれているのは何故か?
神様が天から地上をのぞいたときに出来る隙間からもれる光が流れ星だから、なのだそうです。
神様が地上の様子を見ている間に直接願い事を言えるまたとないチャンス!というわけだったんですねぇ。
因みに、降るように流れる獅子座流星群を眺めながら何を願ったのか全く覚えていません。
見惚れるばかりで願い事をする事も忘れていたのかも知れませんね。
自分のちっぽけな願いなんてどうでもよくなるくらいの天空ショーでしたから。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-18 11:01 | よもやまばなし | Comments(0)

試作品

c0165589_1725135.jpg

『mit』の来年の新作に向けて色々企み試作中です。
頭の中であれこれデザインを描いては消し描いては消しの日々を経て『こんな感じか!?』と9分9厘出来上がったところで、0.1ミリ単位が必要なデザインではきちっとデザイン画を描きますが、いきなり作り出したりする事もあります。このリングはいきなり作った方ですが結局、納得いくモチーフのカタチやリング幅に落ち着くまでに半日かかりました。
おそろいのピアスも可愛いかも、と考え中です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-12 17:22 | 作品 | Comments(0)

林にたたずむ(?)宝石

師走も半ばにさしかかるとさすがに寒々しい風も吹き、ワンコのお散歩にも『手袋がいるなぁ』と出かけてから思い出します。ブランデーにどっぷり漬かったドライフルーツ&ナッツをイッパイ入れて焼くフルーツケーキとともに年末になると作る『冬いちごのジャム』
c0165589_15591916.jpg

我が家の裏の雑木林、竹林に自生している『冬いちご』」という野いちごで作ります。ドングリが異常に少なかった今年、どうも冬いちごも不作のようで、実ってはいるものの小さくて数もまばらです。ジャムを作る程摘むとなると林の中に点在する自生地をあちこちウロウロ探し回らないといけない感じです。ところでこの冬いちご、葉の裏にひっそり隠れるように実る赤い実のツヤツヤピカピカな様子が宝石のようですごく可愛いです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-11 16:12 | 里山の自然 | Comments(0)

アッ☆という間に

お世話になっている川崎の『くらふと楓杏』さんに誕生石シリーズの企画をいただいて誕生したtamagoシリーズの『barth』。ふた月毎にふた月分ずつお届けしていましたが、一月のガーネット、二月のアメジストで12ヶ月が勢揃いいたします。
c0165589_1141527.jpg
ネックレス&リングの2アイテムでスタートしましたが、また他のアイテムも面白いかなぁとボンヤリ考えています。
c0165589_11455858.jpg
リングは9号11号13号の3サイズをご用意していますが、サイズのオーダーもいただいております。ひとつひとつ誕生石にまつわるコメントもそえておりますので、この時期にはクリスマスプレゼントにもいいかも。
くらふと楓杏さんのHPはコチラから御覧いただけます。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-10 11:56 | 作品 | Comments(0)

この冬は?

c0165589_13151584.jpg

お正月の松の内には門松代わりに、青竹に松・梅・南天を生けたもの一対を玄関に飾ります。
ところが、今年の南天に実がない!一粒も!!
鳥のオヤツかおかずになったもようです。
そういえば、ドングリも殆ど落ちていないなぁ。
我が家へは車だと公道から雑木林を通り抜けて来るのですが、例年なら今頃ゴロゴロザクザク落ちているのに・・・。
なんか変です。
『へ?もしやアレまで?!』
毎年お正月の床の間に生ける『千両』の事が気になりさっそく確認しに行きました。
c0165589_13274950.jpg

自生しているイズセンリョウを絶やさないように育てつつ毎年一枝もらいます。
こちらは何とか無事だったようです。
この冬は寒いのかそうでもないのか?
どんなもんなんでしょうねぇ。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-06 13:39 | よもやまばなし | Comments(0)

ちょっとした寄り道

c0165589_2126247.jpg

『あーーこれが片付いたら、一日だけでもいい、丸々空っぽの脳みそでいたい!!!』と思う日々。
そんな怠けた事言ってたらお天道様に申し訳ないですよ!と誰に言われるまでもなく次から次へ、やらないといけない事が目の前に積まれていきます。
仕事で壁にぶつかったときや、創作上新しい何かを生み出したいときは無理やりにでも空っぽの自分を用意したいものです。
将来の作品制作で使いたいなぁと考えていた技法で『デコパージュ』というものがあります。
金工ではなくもともとは日本の漆芸をお手本に外国で作られたアートです。専用の材料を使って木製品に接着した絵を何層もコーティングし一体化させ一つの作品に仕上げるというもの(この説明ではわかりにくいか・・・?)
より手軽に出来るデコパージュがあると知りお遊び感覚で試してみました。
ハートの石鹸にうすーくはがした紙ナプキンの絵を専用のりでデコパージュしたものです。
指先で触ってもわかりにくい位一体化してます。
使用して石鹸が減っても絵は残っていくそうです。
結構楽しめました。
たまにこんな寄り道しつつ日々を励んでおります。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-05 22:09 | よもやまばなし | Comments(0)

☆イベント始まってます☆

c0165589_10194342.jpg

MASUDAがお世話になっている『Emma』さんで冬のイベントが始まっています。(~26日まで)
『Emma's bar』というテーマのイベント、なのでMASUDAは『cocktail!』をイメージして制作しました。
色鮮やかなカクテルを思いつつ、カットされた貴石を主役にネックレス、ピアス、リングなど数点参加しています。
この石はエメラルド。小粒ですが透明度も高くとってもキレイな輝きです。
『Emma's bar』の様子はコチラから御覧いただけます。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2010-12-02 10:35 | 作品 | Comments(0)