<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お暑うございます。。。

c0165589_17505270.jpg

なんともホットな毎日です、はぁーー。。。
不快指数MAXな日々ですが、しつこいまでにMASUDAのカイヤナイトな制作は続くもようです。
(とりあえず気がすむまで・・それとも手持ちの石がなくなるまで・・・)
本日は自分用のピアスです。
左右の石の大きさが微妙に違うのは御愛嬌。
しばらくはバーナーを使う作業が辛くなる季節です。
皆様、くれぐれも熱中症にはお気をつけあそばせ。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-30 18:07 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

まん丸な青空

c0165589_20401993.jpg

『おはじき』みたいなルースをリングに仕立てたら、まんまるな透明な空色の奥に果てしない空が広がっているような気がします。
ひとつとして同じ表情がないネパールカイヤナイトなので、光の取り入れ方がそれぞれ違い作品に仕上がったときの予想出来ない美しさに嬉しくなります。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-29 20:49 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

ネパール☆カイヤナイト☆フィーバー☆☆

c0165589_18103994.jpg

ネパールカイヤナイトの不思議な美しさに魅了され続けているMASUDAです。
もしかして、このブルーに魔法の力でもひそんでいるのかしら?
一昨日購入したルースを使ってトップがふたつ生まれましたよ。
c0165589_18153677.jpg

[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-28 18:16 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

京都上賀茂神社 手作り市

c0165589_9241172.jpg

昨日は早朝から出かけてほぼ一日京都におりました。
上賀茂神社で催されている『手作り市』にカイヤナイトでお世話になり始めたユキさんが出店されるという事でお邪魔いたしました。
京都で暮らしていた頃は東寺が御近所だったこともあり毎月21日に催される市へはちょくちょく出かけたものですが、久しぶりににぎやかな市を楽しませていただきました。
c0165589_938053.jpg

東寺や北野天満宮の市、一度参加した長浜楽市楽座よりコンパクトなので一軒ずつゆっくり見て回れるのがいい感じでした。
とはいえ、殆どの時間、ユキさんのブースへ訪れるお客様とユキさんがカイヤナイトという石を通して会話されているのを興味深く聞いていたのですが。。。
MASUDAも更にいくつかルースを購入し満足して帰宅した頃はドップリ日が暮れておりました。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-27 09:49 | MASUDA近辺 | Comments(0)

チェーン選び

c0165589_1726443.jpg

本日は少し大ぶりなのが出来ました。
トップの縦サイズは約4cm。
今のところトップのデザインには苦心してないもののチェーン選びに悩むことしばしば。。
今回のネックレスはトップが大ぶりなのでチェーンは少し遊んでみようかと思いましたが、合わせてみた瞬間『違う!!』即刻却下!!
いくつかのパターンで合わせてみましたが結局極々シンプルで控えめなチェーンに決定。
難しいもんです。
c0165589_17373997.jpg

[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-25 17:38 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(1)

虹が見えた!?

c0165589_1741410.jpg

作品のデザインはいきなりホワッと浮かぶ事があれば(例えば掃除機をかけていたり、ぼんやりワンコのお散歩をしているときなど)いつも頭の隅にエンピツ&消しゴムを置きっぱなしにしていても全く『これっ!』というイメージが浮かんで来なくて悶々とする事もあります。
この度出会ったネパールカイヤナイトに関しては全く苦心する事なく、石と向き合った瞬間に石の方から『はいっ、この感じでいきましょうか!』と指定されるが如くすんなり『これやねぇ』というデザインに決定してしまいます。
ひとつひとつ内包物や色、天然の亀裂などが違い様々な表情を持ち、同じ石でも空中にかざして見るとまた違うという不思議な魅力があります。
持ち主によっては色が変わる事があるそうなので興味津津です。
同じときに石を購入された方の石は早くも色を変えたそうです。
MASUDAの右手中指にきらめく石は変化なしですが・・・。
写真にはうまく写らなかったようですがシャッターボタンを押したときにはグリーンの光が石のアウトラインにそって輝いていて虹の端っこみたいでとってもキレイでした。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-24 18:07 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

☆ペンダントトップ☆

c0165589_19104563.jpg

今日は暑かったですねぇ!
こんなに一気にくるなんて!
毎年初夏には畳の上に籐むしろを敷いて少しでも涼やかなゴロ寝を楽しみたい我が家なのですが、まだ準備出来てなかったよー!
明日には籐むしろを敷いて夏バージョンの床に衣替えです。
そんなたまらん蒸し暑さの中イベント参加作品の制作は順調にすすんでおります。
変に飾り立てないでシンプルにお届けしたい気持ちになるネパールカイヤナイトのペンダントトップです。
通すチェーンはまだ未定。
トップを眺めながらじっくり考える事にしようと思っています。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-23 19:21 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

☆ネパールカイヤナイト☆リング

c0165589_161026100.jpg

今日は朝からムンムンむしむし暑いのですが、作業の方は空色のカイヤナイトリングの制作が順調にすすみました。
まずはイベント参加作品制作へ向かう自分自身へパワーを注入ーー!という気合いを込めて自分用のリングを作りました。

現実的なパワーがほしいときにリングをはめるといいらしい右手中指のためのシンプルデザインです。

予行練習も兼ねてと言いますか、カイヤナイトという石が薄い層が重なった鉱物という性質で横からの力に弱いという事なので石の留まり具合を確かめる為の試作品でもあります。

形見のお守りリング以外ははめる事がないのですが、なぁんか出会いを感じてしまっているので自分への元気づけにはめてみようと思っています。

ネパールカイヤナイトの産出量はアメリカ、ブラジルに比べて少ないながらハイグレードな石の美しさは世界一とも言われているそうです。(お目にかかってみたい)
その語源はギリシャ語の『青』を意味するkyanosで心を落ち着かせ直感力を高める作用があるといわれています。また『青』はネパールでは平和を象徴する色だそうです。

さてさて、身につけている人の波動に反応して色が変わる事があるというカイヤナイトですが、MASUDAの右手で清々しく輝いているこの石はMASUDA色に変身していくのでしょうか?
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-22 16:44 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

☆ネパールカイヤナイト☆

c0165589_11444168.jpg

御無沙汰さん続きのMASUDAです。
来月MASUDAをお取り扱いいただいている木更津の『Emma』さんで恒例のイベントが催されます。今回のお題は『空にあるもの』です。
『空にあるもの』ってイッパイありすぎで、はてさて?雲・お日様・お月様・お星様・虹・風も流れてるし、雨も雪も降ってくるなぁ。。。
あれこれ頭の中で連想ゲームを展開していたある日、ブルーな『ネパールカイヤナイト』と出会いました。
カイヤナイトと一口に言っても写真の石はローグレードの内包物が多くヒーリングストーンとして人気がある石だとか。
ハイグレードなものはブルーサファイヤの様な『青』が美しくハイジュエリーに使われます。
産出量のうち宝石質なものはわずか5%でハイグレードな石はそのうちの1~2%だそうで残りの95%は工業用との事。
電気を通さない性質があるので絶縁体として様々に使用されているのだそうです。
このカイヤナイトはネパールで採れた原石を現地の工場で研磨されたものを直接買い付けされている方から購入したものです。
また来月から9月までネパールへ行かれるそうです。
『空』といえば見上げたときに広がる青空だわなぁ、というのがMASUDAの思いが辿りついた答えでした。昼間の空色の中に散りばめられている様々な光の色が混ざったような透明なネパールカイヤナイトで制作開始!です。ヒーリング効果については次回にお話ししますが、どうもこの石身に付けていると人によって違う色に変っていくそうですよ。。不思議。てかチョット怖っ。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-21 12:23 | ヒマラヤの青い石・カイヤナイト | Comments(0)

大グミ

c0165589_13592862.jpg

ここ数年花は咲けども実はならず(虫にやられて)という状態だった『グミ』が真っ赤な実を沢山つけてくれました。
繁り放題の葉っぱをかき分けるようにしてヒヨドリがつついていたり、山猿が細い枝につかまってユサユサ揺れながら四方に手をのばして頬張っていたりします。
収穫寸前の玉ねぎがお猿の軍団に持って行かれたり里山ならではの光景が日常ですが、現在グミの下で満開の花を咲かせているジャガイモの収穫時が心配です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-06-13 14:17 | 里山の自然 | Comments(0)