<   2011年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

真夏の餅つき?!

c0165589_655219.jpg

美味しそうな丸餅です。
ではなくて、本当は紙粘土を丸めた代物。
オーダーさせていただいているカイヤナイト用のバチカンやリング腕の原型作り真最中ですが、装着具合を確かめるために代役を務めてもらっています。
通常は実物に合わせて作っていくものなので物理的にもイメージ的にもチョット難しい感があるのですが、それもこれもひっくるめて楽しんでみよう、という毎日です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-31 07:39 | MASUDA近辺 | Comments(0)

トマト&キューリな毎日


c0165589_746054.jpg

全くの無農薬で育てている我が家の菜園ですが、草刈りや無数につく虫を取り除く作業に汗を流してくれる夫のお陰で家族の食卓には余るくらいの収穫です。
昔はたくさん採れるのが楽しくていっぱい育ててトマトソースにまでしていましたが、今ではその日に食べる分があればいいわ、という感じ。
この夏も無事、トマト&キューリな毎日を過ごせています。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-30 08:02 | MASUDA近辺 | Comments(0)

デザインを考える

c0165589_5512367.jpg

秋にMASUDAのもとへやってくるカイヤナイトの為にバチカンやリングの腕のデザインを考える日々です。
『鋳造』して同じものを複数作るので、その為の『原型』です。
カイヤナイトも一応のサイズ指定でオーダーさせてもらっていますが、ひとつひとつに個性があふれている石ですから、ほんの少しMASUDA色を添える感じに仕上げたいと思っています。
写真はネパールのダッカ織製品ですが、そんなイメージやらカイヤナイト自体のイメージからデザインを紡ぎだしたいと思案試行錯誤中です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-29 06:28 | MASUDA近辺 | Comments(0)

御馳走様でした

c0165589_655575.jpg

どうもこれ以上大きくなっていかない様なので収穫するに至ったニガウリ君。
見逃していると畑のキュウリはアッという間にヘチマの様に巨大化しているのにね・・・。
スーパーで見かける両手で持ってもズシリとくる立派なのを期待して待ち続けていたら、またゴーヤチャンプルどきをはずしてしまいそうなので、プチッ!!
チビッコすぎて玉ねぎの方が多くなってしまいましたが・・・
大変美味しくいただきました。
c0165589_75149.jpg

[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-28 07:07 | MASUDA近辺 | Comments(0)

ネパール料理

c0165589_7105234.jpg

以前から気になりつつ通り過ぎていたお店の玄関。
この入口の真裏が車道に面していてでっかく『インド ネパール料理』という看板がかかっています。
プレハブにペンキを塗ったたたずまいで、私が通りがかるときはいつも駐車している車もなくシーーンとした雰囲気なので『開店休業状態?』と寄ってみる勇気がでないまま時が過ぎました。
カイヤナイトと出会ってネパールに親近感をもつようになると、いよいよ気になりだしたあの看板。
遊びにきた娘をさそってようやくお昼御飯を食べに出かけました。
すると、お昼時という事と夏休みシーズンという事もあり子供連れのお母さん仲間やら近所で働いている人風やらで超満員!!
『へ?こんなに繁盛してるお店だったの?』とイメージが一変してしまいました。
こんなことならもっと早く来ればよかった・・・。
c0165589_7272695.jpg

私は三種類のカレー(豆、野菜、ホウレン草チキン)のセット
c0165589_7283983.jpg

娘はチーズナン&えびカレーのセット を注文しました。
それぞれが微妙に違う味わいですごく美味しかった!
お店の方は全員片言の日本語ながら笑顔の接客が感じ良かったし、今度はメニューが豊富な夜に来ようと思いました。
因みに、玄関先にいっぱいぶら下がっているのは象さん顔のヒンズゥーの神様ガネーシャでした。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-27 07:40 | MASUDA近辺 | Comments(0)

お花のチカラ

c0165589_805921.jpg

緑に囲まれて暮らしていると、結構自生の草花が四季折々あちこちで咲いてくれます。
たまに一輪ざしに摘んで来たりもしますが、野道や草っ原に咲いている風情が好きです。
c0165589_865718.jpg

特に自分を元気づけたい時にはお花屋さんに行きたくなります。
行ってみたところで『!』と感じるお花がなければションボリ手ぶらで帰る事になるのですが。
東北の地震の直後ニュースで知ったことですが、ビニールハウスが津波を被って壊滅状態になっているにもかかわらず、そこで育てられていたカーネーションはさらわれる事なく泥まみれながらも花を咲かせ続けていました。
農家の方も「こんなに強い花とは思っていなかった」と驚いておられました。
当初は全部廃棄処分予定だったそうですが『もったいない』という近所の人の声もあり泥を落として販売されると多くの人が喜んで購入されたそうです。
お花って姿かたちだけでなく、美しいパワーをもった存在のような気がします。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-26 08:38 | MASUDA近辺 | Comments(0)

最後の一個

c0165589_9362261.jpg

先日、トホホな失敗を仕出かしてしまった石は何とか大ぶりリングとして完成いたしました。
そしてこれが手持ちのカイヤナイト最後の一個でした。
でも、カイヤナイトと出会ってまだひと月なんですよね。
普段のんびりモードのMASUDAが信じられないテンポでの制作状況でした。
現在ネパール滞在中のYUKIさんにお願いしているカイヤナイトが手元に届くのは秋です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-25 09:56 | 作品 | Comments(0)

台風一過

c0165589_910482.jpg

台風が去ってようやく蝉も本格的に鳴き始めたような感じです。
台風の雨風をまともに受けていたにもかかわらず、しっかり実を付け始めたニガウリ君。
あんたはエライ!
昨年はコロリとした可愛いカタチを眺めている間にゴーヤチャンプルにする機会を逃してしまいました。
今年こそは『まだまだ大きくなるよねぇ』なんて欲をださずサッサと美味しく食べてあげたいです。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-24 09:25 | 里山の自然 | Comments(0)

思い起こせば・・・

c0165589_629440.jpg

子供の頃から想像・創作が生活の一部だったようなMASUDAが彫金を学び始めるきっかけになったのは、この白州正子さん愛用の指輪でした。
白州さんの生き方考え方に興味をもって本を読んでいたところ『古墳ガラス』を指輪に仕立てた写真を一目見て『こんなのを作れる人になりたい』と思い込んでしまったのが始まりでした。
それから約15年、なんとか『作れる人』にはなれましたが『何か足りない・・・。』と感じつつ数年が経ちました。
白州さんにとっての古墳ガラスのようなもの。
ネパールカイヤナイトという石にその『何か』を感じている今日此の頃です。
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-23 06:53 | MASUDA近辺 | Comments(0)

こっそり・ひっそり こんなん出来ました☆

c0165589_61178.jpg

思い起こせば(という程たいそうな事ではないか)チビッコの頃からお絵かきしたり、お話作ったりして遊んでました。その延長線上にそのままそっくり今の生活がある様に思います。
子供の頃のお絵かき、工作の様に素朴な『何か作りたい欲』が『食欲』とかと同じようにあるようです。
古材を利用して夫が作った額にデコパージュと彫金で装飾してみました。(中の絵は違いますよ。勿論)
金色に光っているクローバーは金箔を布目象嵌しています。
チビッコbeeもちゃっかりとまってます。(実物をルーペで見るとまん丸お目めがとっても可愛いんですよ)
[PR]
by kougei_MASUDA | 2011-07-22 06:31 | デコパージュ | Comments(0)